メールでのお問い合わせ−岐阜の社労士電話でのお問い合わせ−岐阜の社労士

  社会保険労務士河合達也事務所
  〒501-0322
  岐阜県瑞穂市古橋1117-7
  TEL: 050-3466-3143
  FAX: 058-328-7108
  e-mail :info@sr-kawai.com
  定休日 土・日・祝日
  営業時間 AM9:00 〜PM6:00

  社会保険労務士河合達也事務所(岐阜)

  お気軽にお問い合わせください!!
>>>詳しくはこちら

Tatsuya Kawai

バナーを作成

サービスエリア
岐阜県:
岐阜市 各務原市 羽島市 羽島郡
山県市 関市 美濃市 瑞穂市
本巣市 北方町 安八郡 大垣市
養老町 揖斐郡 海津市
愛知県:
名古屋市 一宮市 犬山市 稲沢市
清須市 北名古屋市 西春日井郡

電子申請サービス・経産省・県施策支援は岐阜県・愛知県・三重県・滋賀県全域にて実施中!

トップページ > 個別労働関係紛争の解決

個別労働関係紛争の解決

 残業代の不払い、不当解雇など労働者と事業主との紛争は、年々増加しています。このような紛争は、両者の言い分の食い違いにより、当事者で解決することは非常に困難です。こんなとき特定社会保険労務士が間に立って早期に紛争が解決できるようお手伝いいたします。

 あっせん制度の活用

 事業主と個々の労働者との間でトラブルが発生した場合、最終的には裁判で決着しますが、これには多くの時間と多額の費用が必要になります。こうした個別労働紛争を効率的に解決するために、比較的簡易で費用的にも安価な制度としてあっせん制度が確立されました。もっとも利用の多いのは、都道府県労働局によるあっせんです。紛争調整委員会の調整委員が、第三者の立場で紛争当事者の間に入り、双方の主張の論点を確認・調整し、紛争当事者の話し合いを促進することにより紛争の円満に解決を図ります。当事務所では、都道府県労務局のあっせん制度を利用し、問題を早期に解決するためのあっせん代理人をお引き受けします。
個別労働紛争

 あっせん申請の流れ

あっせん申請の流れ

 あっせん代理人の業務

個別労働紛争のあっせんを当事務所(特定社会保険労務士)が代理した場合は、次の業務を行います。
 STEP1
書類等の作成事務手続きの代理
「あっせん申請書」の作成及び関連書類の作成
「あっせん申請書」等の提出

就業規則次へ

 STEP2
主張・陳述の代理
「あっせん申請書」提出後、あっせんの場で主張、陳述、相手方との和解交渉

就業規則次へ

 STEP3  
あっせん案の選択受託の代理
あっせん案等解決の方向性があっせん委員より提示された場合は、その妥当性の選択
解決合意したとき(和解合意書の署名、押印は会社)

 あっせん代理人は特定社会保険労務士の業務

 社会保険労務士の中で「紛争解決手続代理業務試験」に合格し、「紛争解決手続代理業務の付記」の登録をした者であって、厚生労働大臣から紛争解決の代理業務を行なうことが認められた者を「特定社会保険労務士」といいます。
 紛争解決の代理業務を行なうことができるのは、社会保険労務士の中でも「特定社会保険労務士」に限られています。

ページの上へ